造花絵日記 一期一会 忍者ブログ
日々のあれこれと仕事情報。 現在、記事へのコメントのみお返事しています。返信不要の場合、拍手コメントをご利用頂ければ幸いです。
Admin / Write
rakugaki11.04.08.gif

私はその手をとることを躊躇する。
しかし私は、その手をとる他ないのだ。


すみません(土下座)。
(多分)6日から7日までサイトが表示されなくなっておりました。
先日通した光回線に伴う解約等の関係という、完全なる私の手落ちです。
ご迷惑、ご心配をおかけ致しましたこと、深くお詫び申し上げます。
一応復帰させましたが色々と不都合が出てきましたので、これを期にサイトを移転しようと思います。
移転の際はトップページでご案内させて頂きますので、宜しくお願いします~。


絵は、髪型も衣装も変えているので判らないとは思うのですが、音螺です。
作品の雰囲気上、こういった服装は描けない(気がしている)ので新鮮でした。楽しかったです。

記事の続きに、先日のゼリ子の朗読劇感想と、日記があります。
拍手やコメントも嬉しく頂戴しております。それでは、また次回。

4月1日は、国分寺まで日頃お世話になりまくっているゼリ子の朗読劇を見に行きました。
今回の公演で得た利益は全て義援金として寄付されるそうです。素晴らしいですね。
さて、内容はというと、もう、私的ツボドンピシャでとても面白く興味深いものでした。
偶然出会った古本であるとか、そこに挟まっていた一葉の葉書であるとか、その男を捜す旅であるとか、そういった内容でした(あやふやすぎる)。どう説明して良いのか判らない。
記憶という存在、懐古するという行動、鮮烈で曖昧模糊なそれに、行き会ったり行き会わなかったり。
ともすれば見逃して、ただ失うものたちを、見逃さず追いかけること。
そしてそれに連れて行かれるもの、行かれないもの。
過去に戻る、という行為はタイムトラベルでなくとも帰れない危険性があるように思いました。
ゼリ子の語りがまた、味があって落ちつきがあるのに感情豊かで、面白かったです。
演者は二人だけ、というのも面白く、それを上手く活かした語り方もあって興味深かったです。
素晴らしい刺激をありがとう!お疲れ様でした!

終演後、お腹がすいたので適当に一人ごはんをしようとぶらついていると、妙に心惹かれるお店が。
歌われた文句は多(無)国籍料理。そういうものは大好きなのですが、それ以上に何か引っ張られる。
まだ他の客はおらず、貸切状態だったのでええいままよと入店しました。
大正解でした。
お料理が美味しいのは勿論のこと、店の人があったかい。本当に、あったかい。
「お仕事帰りですか?」と話しかけられたのをきっかけに、話が弾むのなんの。
「美味しい!」と言って、嬉しそうにするご主人を見ると私も嬉しいです。
久し振りに知り合い以外と沢山お話出来てわくわくしました。
いつまた会えるともしれない、一期一会が大好きです。また会えたら素敵だなあと思うけれど。
例えば、違う道を歩いていたら、チェーン店ですませていたら、その店が定休日だったら。
様々な偶然が重なって得られた経験や出会いは、本当に掛け替えのない。
ここ最近はずっと家に居りましたので、余計に幸福な心持ちにさせて頂きました。
だから私はお会計をすませ、笑いながら深々と頭を下げ、言ったのです。
「楽しい時間と、美味しい料理をありがとう御座いました」

「ありがとう」という言葉はごくごく日常的に使われる言葉であるけれども、何よりも一番ですね。
暖かいご飯が食べられること、両親が健在していること、四肢に不自由がないこと、
好きな仕事が出来ること、優しい言葉を投げて貰えること、今ここに居ること。
人は不幸に敏感で、つい忘れがちになるけれども、全ての事象に感謝の念を抱いていれば、
割と世界はハッピーじゃないのかな。繋がれるんじゃないかな。

だから改めて、素晴らしい朗読と、美味しい料理をありがとう。です。

そういう気持ちを忘れずにいたい訳ですが、私はやっぱり未熟者で、ギスギスしてしまう訳です。
なっさけねえなあ~~~~~~~。

拍手[6回]

PR
HOME | 230  229  228  227  226  225  224  223  222  221  220 
プロフィール
HN:
結月さくら
性別:
非公開
ツイッターとask

反応速度は多分一番良いです。
お知らせも最速。

リクエストボックス
気が向いたら描きます。お気軽にどうぞ。
ブログ内検索
何かあれば此方で探して下さい。

忍者ブログ [PR]