造花絵日記 昔の話 忍者ブログ
日々のあれこれと仕事情報。 現在、記事へのコメントのみお返事しています。返信不要の場合、拍手コメントをご利用頂ければ幸いです。
Admin / Write


ツイッターに呟いたことを加筆しつつまとめた記事です。

影踏みのことは、今でも色々と考えます。
それは描けなかった物語であったり、後の時代の物語のことであったり。
それから当時あった色々なこと。それは、結構、鮮明に覚えています。

実は影踏みは「あと二話で終わらせて」と唐突に言われて終わりを迎えた作品です。
その割には上手くまとめてません?よく頑張ったと思いません…?と思ってます(笑)。
この件に関しては編集部も担当さんも何も悪くない、ちょっと特殊な話です。
むしろ私より担当さんのほうが心底申し訳なさそうで、悔しそうでした。
それに私はきちんと完結3巻まで出して頂けたので、とても良くして頂いたと思います。
もっと悔しい思いをしている作家さんはいらっしゃると思います。
でもまあ流石に、その宣告を受けた日は、朝まで眠れませんでした。
悲しいというよりは、はらわた煮えくり返って(笑)。
朝日が昇るまでコナンくんの映画を見ていた思い出…。

そもそも、連載自体ものすっごい見切り発車だったんです。
「読切のアンケート良かったから続き描こう!すぐ!」「うええ!?」
みたいな感じで始まり、そして最終回まで唐突の残り二話…^^

思い返せばデビュー作にして波乱万丈な作品でした。
三話描いているときに父が倒れまして、(ずっと意識不明の重体)
担当さんが休載のお気遣い下さいましたが、ICUに顔を出しつつ仕事して、
結局死んでしまいましたが、三話はギリギリまで待って頂いて完成させました。
担当さんはお葬式にも来て下さって、本当にありがたいです。

実はデビュー前からずっと父がアシスタントを務めてくれていたので、
亡くなったあとは仕事の面でも大変でした。
でも何より大変だったのは母だと思います。
助けてあげられることもあれば、助けてあげられないこともありました。
家族一人亡くしてるから、なんだかんだお互いガタガタですよね、という。

まあ色々、色々ありました。

ただ、作品というものは、出来上がったものが全てだと思うので、
「色々あったんだから大目に見てよ」と言いたいのではありません。
つまらなかったら、つまらなかったで良いと思います。(勿論悲しいですが 笑)
作者という存在、作者の人生や経験を、作品を見る上で加味するのは、
基本的に、そんなに良いことではないかなあと思うので。
元々好きだった作者の人となりを知ってさらに好きになるのは私もあるし、
それは最高に素敵なことだと思います。
でも、「色々あったんだから大目に見なきゃ」という方向には働いてほしくないのです。

じゃあなんでこの記事書いてるかって言うと、単純な思い出話という側面と、
そんな背景があったからこそ、影踏みを好きだと言って下さる方がいるのが、
凄く凄く、嬉しくて救われるような思いがするな、という話です。
影踏みは絵も話もまだまだ未熟で、
前述のような事情があったため伏線も拾えず仕舞い。
酷評が多いのも判ります。
でも、当時の精一杯で描いたものではあるので、あれはあれで自信を持って、
私のデビュー作だと言っています。
それを、「好きだよ」と言って下さる方がいることが、ありがたいことだなあと思うんです。

勿論、白やぎや言解き、海原から、愚者神、等々、他の作品が好きというのも、
本当に本当に、嬉しくて仕方ないです。
貴方の好きに、私の作品を加えてくれてありがとう、といつも思います。

これからも頑張っていくので、宜しくですよ。

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
Name :
Title :
Mail :
URL :
Color :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment :
Password :
無題
影踏みの件は正直驚きました。
でも色んな事を乗り越えてたからこそ今の結月作品があるんだなと思いました。
これからも応援します!
ヒロさん 2016/01/22 07:55 編集
無題
>ヒロさん
結構インパクトが強かったようで私も吃驚しています…!(笑)
ありがたいお言葉を頂戴しまして恐縮です。確かに、この件が私の作品に与えた影響は計り知れないように思います。
これからも頑張ります~!宜しくお願いします!^^
結月 2016/01/23 13:47 編集
HOME | 339  338  337  336  334  333  332  331  330  329  328 
プロフィール
HN:
結月さくら
性別:
非公開
ツイッターとask

反応速度は多分一番良いです。
お知らせも最速。

リクエストボックス
気が向いたら描きます。お気軽にどうぞ。
ブログ内検索
何かあれば此方で探して下さい。

忍者ブログ [PR]